乱視治療にはレーシック

レーシック手術による乱視の治療

眼鏡やコンタクトレンズを使用して矯正出来る程度の乱視であれば、レーシック手術による矯正という選択肢もあります。
レーシックというのはレーザーを使った治療法で、角膜の光の屈折率を変化させることによって視力の回復を行う手術です。
一般的にレーシックというと近視の治療の方法と考えられがちですが、実際には遠視や乱視の治療にも効果を発揮してくれるのです。
例えば正乱視は水晶体が球体ではなく楕円形に変形してしまうことが原因で引き起こされてしまいます。
この屈折異常は角膜が横に変形している場合には倒乱視、縦に変形している場合は直乱視、斜めに変形している場合や斜乱視と呼ばれれることになります。
このバランスをレーザーによって整えるというのがレーシックによる乱視の治療です。
しかし、どのような乱視も全てレーシックで治療出来るというわけではありません。
適応範囲というものが決まっており、事前の適応検査で適応しているかどうかを調べることになります。
また、不正乱視の場合はどのような場合であってもレーシックによる治療は難しいというのが現状です。
一部の乱視のみ、レーシックで治療が可能と考えておきましょう。

 

まずは無料で検査を受けてみませんか?
病院名 場所
品川近視クリニック 東京 大阪 名古屋 福岡 北海道
錦糸眼科 東京 札幌 名古屋 大阪 福岡
東京近視クリニック 新宿 銀座 梅田
SBC新宿近視クリニック 新宿 横浜 大阪
神戸神奈川アイクリニック 札幌 新宿 恵比寿 名古屋 梅田 堂島 三宮 小倉 天神 横浜 四条河原町

 

口臭対策&口臭予防!おすすめのサプリメント徹底比較