乱視を予防するには

乱視を予防するには

乱視の原因には先天性のものと後天性のものがあります。
先天性のものは出産時に原因があることが多いので自分ではどうすることも出来ません。
しかし、後天性のものはしっかりと対策をすることで乱視の予防が出来ます。
後天性の原因として挙げられるのは目を細めて物を見ることで眼球が圧迫されるということと、目を酷使しすぎることがあります。
例えば、近視の人というのは裸眼では遠くの物が見えないためどうしても目を細めてみるようにしてしまいます。
この動作を長期間に渡って続けることで眼球に圧力がかかり、その結果乱視の原因となってしまいます。
これは圧力によって角膜が歪んでしまうからです。
近視の人は特にそうですが、物を見る時に目を細めないようにすることが乱視予防にとって大切です。
また、目を細めるだけでなく、目の酷使も乱視の原因になる場合があります。
こちらの場合は角膜が歪むのではなく、水晶体が歪んでしまうことになります。
現代人はどうしても目を酷使してしまいがちですが、定期的に目を休めたり目に良い食材を積極的に摂るといったことを日頃から心がけることも大切です。
そうすることで乱視を予防することが出来ます。