不正乱視を矯正する方法

不正乱視を矯正する方法

不正乱視を矯正するにはどのような方法があるのでしょうか?不正乱視を矯正するためにはまず何が原因となっているのかを突き止めなければなりません。
例えば、角膜が不正乱視の原因になっているとしましょう。
この場合は一般的にハードコンタクトレンズを使用した矯正をすることが多くなります。
原因が角膜ではなく水晶体の場合もあります。
この場合はコンタクトレンズを使用した矯正は出来ませんので他の方法を選択することになります。
最近では眼鏡やコンタクトを使った矯正だけではなく、レーシック手術による矯正も一般的なものとなってきています。
ただ、レーシック手術での矯正は屈折度数の限界があるため全ての人が必ず矯正出来るというわけではありません。
乱視の度合いによってレーシックでの矯正が出来ない場合もあります。
不正乱視を矯正する場合には眼科でしっかりと診察を受け、どのような方法が選択出来るのかを医師と相談することが大切です。
特にレーシックの場合は矯正が可能だとしても手術を行うことになります。
レーザーを使った簡単な手術であるとはいえ、手術に抵抗があるという方も多いでしょう。
不安や疑問があれば医師にしっかりと確認しておくことも重要です。