正乱視を矯正するには?

正乱視を矯正するには?

乱視の人の多くは正乱視と呼ばれる乱視になっています。
この正乱視の矯正方法にはどのようなものがあるのでしょうか。
正乱視とは角膜に歪みが出てしまうことで引き起こされるものです。
こうした場合、最も多く採用される矯正方法が円柱レンズによる矯正、もしくはハードコンタクトレンズによる矯正と言えるでしょう。
ハードコンタクトだけでソフトコンタクトは使えないのか、という疑問もあると思います。
確かに以前までは乱視の矯正はハードコンタクトでした。
しかし、現在では乱視の矯正に使うことの出来るソフトコンタクトも出てきていますので選択の幅はさらに広がったと言えます。
とはいえ、ソフトコンタクトでの矯正は完璧とはいえず、まだまだ発展途上の方法となります。
確実な効果を見込むのであればやはりハードコンタクトを使用した矯正を選択するのがオススメです。
また、正乱視の場合は角膜の歪みだけではなく水晶体のトラブルが原因の場合もあります。
この場合はハード・ソフトどちらであってもコンタクトレンズでの矯正は出来ません。
乱視の矯正をするのであればまずは眼科で診察を受けて角膜と水晶体どちらが原因なのかを確かめることが大切になります。
もちろん、眼鏡による矯正も可能です。