極度の乱視ならフェイキックIOLによる矯正がお勧め

極度の乱視ならフェイキックIOLによる矯正がお勧め

乱視の矯正の手段の1つとしてフェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)というものがあります。
レーシック手術はレーザーによって角膜を薄くすることで視力の回復を狙いますが、フェイキックIOLは瞳孔の上にレンズを乗せることによって乱視をはじめとして近視や遠視も矯正してしまう方法となります。
レーシックは角膜の厚さが足りなければ手術を行うことが出来ませんがフェイキックIOLならそうした心配もなく、極度の乱視、近視、遠視の人でも治療を受けることが可能となっています。
瞳孔の上にレンズを乗せるというのはコンタクトレンズを使用するような感覚と捉えればイメージしやすいのではないでしょうか。
ただ、コンタクトレンズとは違い一度目の中に入れてしまえばその後取り外したり交換したりする必要はありません。
コンタクトレンズよりも手軽なものとも言えるでしょう。
一度入れてしまうと二度と取り外せないというわけではありませんので万が一何かトラブルが発生しても問題ありません。
取り外し、元通りに直すことで再度使用出来ます。
長期間に渡って安定した効果が見込めるというのもフェイキックIOLの大きな特徴になります。