ラセックで安全に乱視の矯正

ラセックで安全に乱視の矯正

乱視の矯正を考える場合、自分の乱視の状態によって適切な方法を選ぶ必要があります。
現在、矯正手段として選択する人が増えているのがレーシックではないでしょうか。
中でもこれまでのレーシックではない、ラセックという方法が多く選ばれるようになってきています。
ラセックというのは専用の医療機器などを使って角膜上皮を除去し、エキシマレーザーによって乱視や近視を矯正する手術のことを言います。
角膜の強度・厚さをしっかりと維持しながら矯正を行うことが可能で、角膜の厚さ不足によって一般的なレーシックを行うことが出来ない人などに用いられることが多くなります。
つまり、レーシックによる乱視の矯正が無理だと判断された人でもラセックなら矯正が出来るかもしれないということになります。
角膜上皮を除去するといっても角膜上皮は自然に再生していきます。
使用するフラップがずれてしまう可能性も一般的なレーシックよりも低いため、より安全性の高い方法だと言えるでしょう。
こうした点から日頃激しいスポーツを行っているという人が選ぶ方法でもあります。
こうした理由があるという人はラセックを選択するといいかもしれません。