ウェーブフロントレーシックによる乱視の矯正

ウェーブフロントレーシックによる乱視の矯正

乱視を矯正する方法は様々あります。
ウェーブフロントレーシックもその1つです。
ウェーブフロントというのは詳細な眼球の情報のことで一人一人特有の情報を持っています。
ウェーブフロント解析装置ウェーブスキャンというものを利用することで一人一人の目の情報を詳細に解析することが可能になり、乱視だけではなく近視や不正乱視までも矯正することが可能になっています。
目の形状は人によってそれぞれ違い、指紋のようなものです。
そのためレーザーを使用して屈折率を変える場合なども眼球の形に合わせた照射が必要になります。
そのために目の歪みやでこぼこの形も含めて目を詳細に解析する必要があるのです。
こうした情報を手に入れることが出来ればその情報を元にして患者それぞれに合わせた適切なレーザー照射を行うことが出来るようになります。
ウェーブフロントレーシックで矯正をした場合、一般的なレーシック手術での矯正よりもより視界がクリアになり、夜間の光のにじみも緩和出来るとされています。
ウェーブフロントレーシックというとあまり聞き慣れないかもしれませんが、非常に効果の高い優れた矯正方法と言えるでしょう。