オルソケラトロジーによる乱視の矯正

オルソケラトロジーによる乱視の矯正

乱視を矯正する方法というのはいくつかありますが、その中の1つにオルソケラトロジーという方法があります。
これは近視の治療にも使われる方法で乱視の場合も初期の軽いものであれば矯正することが可能です。
どのような治療法かというと、就寝する際にいわゆるコルセットのような役割を持つハードタイプのコンタクトレンズを装着します。
このレンズは患者一人一人に合わせてそれぞれ違う形となっており、角膜の表面の形を調整してくれます。
寝ている間にコンタクトレンズを付け、起きたら外す、これだけで乱視を矯正することが可能になっています。
しかし、すぐに乱視が矯正されるというわけではありません。
個人差があるものの一般的には数日から1週間程度続けることで効果が表れ始め、1ヶ月から3ヶ月程度継続することで視力が回復していきます。
また、年齢が若いほどその効果が高くなるとされています。
コンタクトレンズを付けなければいけないのは寝ている間だけということで患者の負担も少なく非常に便利な治療法と言えます。
これなら普段の生活の中でコンタクトレンズを付けているという場合でも起きている間はこれまでのコンタクトレンズで生活が送れますし、とても気軽な治療法となるでしょう。