コンタクトレンズを使った乱視の矯正

コンタクトレンズを使った乱視の矯正

乱視は眼鏡でも矯正出来なくはありませんが、症状が重くなってしまうと眼鏡では矯正が難しくなってしまいます。
そうした場合にはハードタイプのコンタクトレンズや乱視用のコンタクトレンズを使用することになります。
また、最近ではハードだけではなくソフトタイプのコンタクトレンズでの矯正も可能になってきました。
乱視用の使い捨てコンタクトレンズなどもあり、これなら面倒なメンテナンスも必要なく気軽に使用することが出来ます。
乱視矯正のためのコンタクトレンズはコンタクトレンズと目の軸の方向が一致しなければなりません。
ハードコンタクトレンズの場合は目とレンズの間に涙が入りこむことによって湾曲が一致し乱視に効果を発揮します。
しかし、一般的なソフトコンタクトレンズは湾曲を一致させることが難しく乱視の矯正には使用できないとされてきました。
しかし、乱視用のコンタクトレンズなら軸を一致させることが可能で乱視の矯正に使用することが出来ます。
その種類も多くなってきており、乱視になってしまった人の選択肢は以前よりも大幅に増えていると言えるでしょう。
自分の好きなものを選ぶことが出来るようになりました。