小さい子供が乱視になる原因について

小さい子供が乱視になる原因について

現在、子供の乱視が増えてきています。
乱視には先天性のものと後天性のものがありますが現在のこうした問題には先天性の乱視が関わっています。
胎児というのはお腹の中にいる間は頭を下にしています。
そのため頭部や眼球は圧迫されている状態です。
形も丸い形ではなく潰れたような形になっていますが、産まれてくる際に狭い産道を通ることによってその形が丸へと変えられます。
つまり、産まれてくる際に形は綺麗になるということになりますがこれは産道を通るからです。
帝王切開での出産の場合などは産道を通ることがないためそのままの形で産まれてしまうことになります。
これが先天的な乱視の原因になり、実際に帝王切開で産まれた子供は乱視になる可能性が高いようです。
また、こうした出産時の原因だけではなく肥満も乱視の原因とされています。
肥満体形だと目の周りの筋肉に角膜が圧迫されることによって乱視になってしまう恐れがあります。
また、逆さまつ毛も角膜に傷をつけることで乱視の原因になります。
先天的なものが原因の場合にはある程度どうしようもない部分がありますが、肥満などは親の対応で改善することが出来ます。
乱視を軽く見ることなく充分に注意してあげましょう。