乱視だと老眼になりやすい?

乱視だと老眼になりやすい?

乱視の人は老眼になりやすいと言われることがあります。
これは本当のことなのでしょうか。
まず、乱視というのは角膜や水晶体が歪んでしまうことで物が見えにくくなってしまう状態を言います。
焦点を一点で結ぶことが出来なくなってしまうために物が二重に見えたりぼやけて見えたりします。
角膜や水晶体に歪みがない人というのは実はいません。
人間の目にはこの歪みを調節する機能が付いているのですが、一定以上歪んでしまうと調節することが出来なくなり、この状態が乱視です。
乱視にも様々な種類があり、矯正方法もそれぞれ違います。
次に老眼です。
老眼は老化現象の1つであり、なる時期に違いはあれど全ての人がいつかなってしまうものと言えます。
老眼は年齢によって水晶体の調整機能が衰えていくことでその症状が出始めます。
対象物に上手にピントを合わせることが出来なくなっていき、その結果近くの物がはっきりと見えなくなってしまいます。
乱視と老眼、それぞれの原因はまったく別のものであり、老眼は誰でもなるものだということを考えると乱視と老眼に密接な関係は無いと言えます。
つまり乱視だから老眼になる、といったことはありません。