乱視はコンタクトレンズやメガネで矯正出来るのか

乱視はコンタクトレンズやメガネで矯正出来るのか

乱視を矯正する場合コンタクトレンズを使用することがありますが、乱視によってコンタクトレンズでの矯正が良い場合とそうでない場合があります。
どのような違いによってコンタクトレンズが適しているのか適していないのかが決まるのでしょう。
まず、乱視の1種である正乱視の場合はコンタクトレンズでの矯正が可能になります。
この場合は乱視ようのコンタクトレンズ、もしくはハードコンタクトレンズを使用することになります。
また、正乱視の場合はコンタクトレンズに限らずメガネでの矯正も可能です。
しかし、乱視の矯正の場合はレンズがずれないことが大切になりますのでメガネを使用する場合は自分にぴったりのサイズのものを作ることが重要になります。
一方、不正乱視の場合だと乱視用のコンタクトレンズやメガネを使用しての矯正が出来ません。
不正乱視を矯正する場合にはハードコンタクトレンズのみ適しているということになります。
このように、乱視といってもその状態によってどのように矯正するべきなのかも変わってきます。
自分で判断をせずにまずは医師に診察を受けることが大切になるでしょう。