水晶体乱視について

水晶体乱視について

乱視には色々な種類がありますが、その中の1つに水晶体乱視というものがあります。
水晶体乱視は水晶体がある一定の方向に歪んでしまい元に戻らなくなっている状態のこを言い、原因には先天的なものと後天的なものがあるとされています。
先天性の場合、生まれた時には水晶体・角膜の両方に乱視がみられ、両方が乱視になっていることにより状態が相殺されています。
これは遺伝が原因になることが多く水晶体と角膜がそれぞれのバランスをとっているような状態になっているため乱視の矯正をしない方がよいと考えられています。
コンタクトレンズなどで矯正しようとする場合、一般的なコンタクトレンズだと角膜の乱視だけが矯正されるようになってしまうために乱視専用のコンタクトやメガネを使用する必要があります。
後天的なものが理由となる場合、目の酷使などによって水晶体が歪んでしまうという場合が多くなります。
お仕事などで長時間パソコンを使う、長時間テレビを見ているなどで目を酷使していると水晶体が引っ張られてしまい最終的には元に戻らなくなってしまいます。
後天性の場合はこうしたことをしないようにするなど、ある程度自分で予防をすることが可能です。