近視性乱視と遠視性乱視

近視性乱視と遠視性乱視

乱視には遠視性乱視と近視性乱視があります。
遠視性乱視というのは遠視と乱視、その両方が引き起こされている状態のことを言います。
近視性乱視はその逆で近視と乱視の両方が引き起こされている状態です。
そもそも、乱視というのは目に入ってきた光の屈折率が縦と横で違ってしまっている状態です。
本来の角膜というのは縦と横の湾曲が変わらず、そのおかげで像をしっかりと一点で結ぶことが出来るようになっています。
しかし、乱視になってしまうと縦と横の湾曲のバランスが崩れ像をうまく結ぶことが出来なくなってしまいます。
ここに近視や遠視が合わさることで近視性乱視や遠視性乱視になってしまうのです。
例えば、近視の人というのは裸眼で物を見る時にどうしても目を細めて物を見ようとしてしまいます。
しかしこの動作は角膜に大きな負担をかけてしまいます。
その結果角膜が歪んでしまい乱視を引き起こす原因になってしまう可能性があります。
遠視の人の場合、物を見る時に常にピントを合わせようと目に大きな疲労が溜まっていきます。
これも角膜に負担を与えることになり、乱視になってしまう恐れがあります。