角膜乱視の詳細

角膜乱視の詳細

乱視といってもその種類は様々です、正乱視と不正乱視の2つに大きく分けることが出来ますが、正乱視には角膜乱視と水晶体乱視があります。
種類が違うということは当然その原因も違うということになります。
例えば角膜乱視の場合、角膜がなんらかの原因によって本来の球体から横長の楕円形になってしまうことが原因となります。
角膜乱視は先天的なものと後天的なものがあり先天的な場合は遺伝や母親のおなかの中にいたころの状態が原因となります。
胎児というのは通常頭を下にした状態です。
そのため頭蓋骨は重力の影響を受けて上下につぶれたような形になっています。
これが生まれる際に狭い産道をとおることで形が綺麗に整えられ、この時に眼球の形も整えられています。
しかし、帝王切開の場合などは頭蓋骨や眼球の形が整えられないままになってしまうことが多く、これが角膜乱視の原因になっています。
後天的なものの場合、近視になった人がなりやすいとされています。
近視になると物が見えにくくなるために目を細めるようになってしまいます。
すると眼球が圧迫され、この圧力によって角膜が歪んでしまうのです。