乱視には直乱視、倒乱視、斜乱視がある

乱視には直乱視、倒乱視、斜乱視がある

乱視にはそれぞれ直乱視、倒乱視、斜乱視というものがあります。
これらはどのような特徴を持っているのでしょうか。
まず直乱視ですが、これは0度・180度の乱視軸になっている状態にことを言います。
さらに0度から20度、160度から180度の範囲内の場合も直乱視と診断されます。
乱視の人の多くがこの直乱視と呼ばれる状態でその割合は乱視の人の90%を占めるとまで言われています。
目の角膜というのは常にある程度の圧力を受けています。
その結果角膜の形状が球体から横長の楕円形になってしまうことがあります。
これが乱視の原因です。
直乱視の場合角膜が上下から圧力を受けることで物が見えにくくなってしまいます。
縦方向の湾曲が強くなってしまいます。
そのため矯正をする場合は縦方向へと矯正することになります。
倒乱視の場合は90度、70度から90度、90度から110度の範囲内の乱視軸の場合に該当します。
この直乱視と倒乱視のどちらにも該当しない場合の乱視が斜乱視と診断されることになります。
中でも倒乱視は非常に厄介な乱視で頭痛や肩こりといった体の他の部分にも悪影響が出てしまいます。
乱視対策は重要です。