不正乱視について

不正乱視について

乱視には正乱視と不正乱視というものがあります。
ここでは不正乱視について紹介していきましょう。
不正乱視とは角膜の表面にでこぼこがある状態で、その結果目がうまく焦点を結ぶことが出来なくなっている状態のことを言います。
正乱視の場合は角膜に歪みが出来ることで複数の焦点を結んでしまう状態となりますが、不正乱視の場合は正乱視よりも酷い状態であると言えます。
不正乱視は角膜の疾患や傷などが原因で引き起こされることが多くなります。
最大の特徴はやはり目のどの位置からも正常に焦点を結ぶことが出来なくなってしまうという点でしょう。
このため正乱視のように円柱レンズを利用して矯正するということも出来なくなってしまいます。
ただ、視力が1.0程度ある人の場合は不正乱視を無理に矯正する必要派ないとされています。
さらに、最近では医学の進歩によって不正乱視を矯正する方法も進化してきています。
例えば、ハードコンタクトレンズを使用して矯正するというのが最近の一般的な方法になってきています。
しかし、これも角膜の異常が原因の場合のみで、水晶体の異常による不正乱視の場合にはハードコンタクトを使用した矯正は出来ません。