正乱視について

正乱視について

乱視には正乱視と不正乱視という2種類があります。
正乱視というのは角膜や水晶体に歪みが出来てしまうことが原因の乱視のことを指します。
この正乱視は円柱レンズというものを使用することによって矯正することが可能になっています。
正乱視の場合、角膜の表面の歪みによって焦点が定まらない状態になっていることが考えられます。
この場合、角膜はラグビーボールのような横長の楕円形になっています。
そのため光の屈折が異なってしまい、物をきちんと見ることが出来なくなってしまいます。
横長になってしまうことで縦と横での光の屈折率が異なってしまうためにピントをうまく合わせることが出来ず、これが物が見えにくくなる原因となります。
乱視の人のほとんどはこうした症状を持つ正乱視となります。
物が二重に見えてしまったりぼやけてしまったりと非常に不便な正乱視ですが、メガネやコンタクトを使用して矯正することは可能です。
もし最近物が見えにくくなってきた、と感じるのであればまずは眼科で診察を受けるのがよいでしょう。
その結果乱視だと診断されたのであれば、早めの対策が必要になります。