乱視になるとどうなるのか

乱視になるとどうなるのか

乱視になってしまうと、当然物が見えづらい状態になってしまいます。
人間の目が物を見る場合、目に入った光の焦点を結ぶことによって認識していますが乱視になるとこの光を複数の焦点で結ぶことになってしまうのです。
また、角膜や水晶体には歪みが出てきてしまいます。
この歪みが乱視の最大の原因となりますが少しくらいであれば乱視になることはありません。
歪みがある一定の水準を超えてしまうと物が見えづらくなり乱視の症状として表れます。
近視なら近くが見えづらく、遠視なら遠くが見えづらいといった症状ですが、乱視の場合のそのどちらもはっきりと見えず、霞んで見えたり重なって見えたりといった具合になってしまいます。
目というのは虫めがねと同じようなものでわずかに湾曲しています。
しかし、乱視になってしまうとこの湾曲部分に歪みが出たりでこぼこになってしまったりするためにこうした症状が起きてしまうことになります。
一般的に乱視は角膜のトラブルが原因で引き起こされますがまれに水晶体の異常が原因になる場合もあります。
どちらにせよ、乱視になってしまうと非常に不便です。