乱視には正乱視と不正乱視の2種類がある

乱視には正乱視と不正乱視の2種類がある

乱視は正乱視と不正乱視の2種類に分けられます。
正乱視とは角膜の湾曲が均一な状態ではない乱視のこといい、正乱視のほとんどは先天的なものが原因とされています。
必ずしも先天的なものというわけではなく、角膜の疾患が原因になる場合もあり、また、近視や遠視が原因になる場合もあります。
不正乱視は角膜の表面にでこぼこがあるのが特徴でこちらは正乱視とは逆に後天的な理由が原因となることが多くなります。
具体的には円錐角膜や翼上片などの理由によって角膜の表面に変則的な歪みが出来てしまうことが原因です。
この他にも外傷によって水晶体が合脱臼を起こした場合は白内障も原因となる場合があります。
こうした理由とは別に、医療ミスによって不正乱視になってしまうというケースもあります。
最近では視力回復のためにレーシック手術を行う人も増えてきていますがこのレーシック手術が原因となります。
例えば、患者の角膜に歪みがあることを見逃したまま手術をしてしまった場合や、フラップの形成に失敗してしまった場合などです。
不正乱視はコンタクトレンズを利用することで矯正可能ですが、酷い不正乱視になってしまうと角膜の移植手術が必要になることもあり、充分に気を付けなければいけません。