乱視には先天的なものと後天的なものがある

乱視には先天的なものと後天的なものがある

目というのは入ってきた光を上手に屈折させることで物を見ています。
しかし、この屈折がうまく出来なくなるとぼんやりとした見え方になってしまいます。
乱視とは水晶体が歪むことで光の屈折率が変わり、その結果、近くも遠くもうまく見えなくなってしまった状態のことをいいます。
これが水晶体乱視と呼ばれるものです。
また、水晶体乱視とは別に角膜の歪みが原因で乱視になってしまうことを角膜乱視と呼んでいます。
どちらのケースにしても、先天的な場合と後天的な場合があります。
先天的な乱視の場合、生まれた時にはすでに角膜や水晶体に歪みあり乱視の状態になっています。
これは母親のおなかの中にいた時の状態や出産時の対応などが影響しているとされており、遺伝も原因の1つとされています。
後天的な乱視の場合、目を細めて物を見ることが原因になる場合があります。
これは近視などで遠くが見づらい場合などに行ってしまうことが多く、目を細めることで角膜が圧迫され歪んでしまいます。
もちろん、目の酷使も後天的な乱視の原因にあります。
先天的なものはどうしようもないと言えますが、後天的な乱視は目を酷使しすぎないように気を付けることである程度予防が可能です。