乱視とはどういう状態か

乱視とはどういう状態か

視力が悪い場合、近視か遠視かのどちらかということになりますが、このどちらにもなっている状態を乱視と言います。
では、乱視というのはいったいどういうものなのでしょうか。
乱視は水晶体が歪むことによって発症します。
水晶体は目に入った光を屈折させる役目を果たしていますがこの水晶体が歪んでしまうことでうまく焦点が合わなくなってしまいます。
焦点がうまく合わないわけですから、近くも遠くもうまく見えないという状態になります。
元々水晶体は完全な球体というわけではありません。
乱視と診断されない健康な目を持つ人であっても水晶体は楕円形をしています。
つまり、基本的に全ての人の水晶体は歪んでおり、その歪みがある一定の水準を超えてしまうと乱視と診断される状態になってしまうということになります。
この歪みは先天的なものもあれば後天的なものもあります。
乱視は近くも遠くもうまく見ることが出来ません。
そのため常に目を酷使することになってしまい、乱視の人は非常に目が疲れやすいとされています。
乱視の人で目の疲れを感じている人が非常に多いのはこうしたことが原因です。